エーワンのドッグフードは

鹿肉

馬肉

ドッグフード

A-WANのドッグフードは、原材料の60%が新鮮な鹿肉・馬肉です。
中国産の原材料は一切使用せず、鹿肉は南阿蘇の野生鹿、馬肉は国内肥育の馬を使用。
また添加物や着色料、香料などを一切使用していないため、水に溶けやすく消化しやすいのも特徴です。
市販のフードには穀物を使わないグレインフリーが増えてきていますが、
A-WANのドッグフードでは玄米や大麦などの穀物を原材料に採用。
穀物には腸内を整えて活性化させる食物繊維が豊富に含まれており、
それがわんちゃんの健康促進に寄与すると考えられています。
わんちゃんに必要な栄養素を、A-WANは高品質のドッグフードでご提供します。

鹿肉の効果

  • ・低カロリーで豊富な動物性タンパク質を摂取できます。
  • ・牛や豚などの家畜と違い、野生の鹿には添加物や
    抗生物質などの薬品を使いません。
  • ・鉄分やビタミンBをたっぷり含んでいます。
  • ・免疫力を高める効果がある不飽和脂肪酸が豊富です。
  • ・鹿肉のビタミンBには皮膚や粘膜を健康に維持する働きがあります。

鹿イラスト

2肉の効果

  • ・低カロリーで豊富な動物性タンパク質を摂取できます。
  • ・牛や豚よりもカルシウムやアミノ酸を豊富に含んでいます。
  • ・牛や豚に加えてアレルギーが出にくいと考えられています。
  • ・体に必要なビタミンAやビタミンEが豊富に含まれています。
  • ・疲労回復にも優れていると言われています。

イラスト

成分表

ドッグフード成分表
鹿肉・馬肉 牛肉や豚肉に比べて高たんぱく・低カロリーで、シニア犬だけでなくダイエットにも最適。鉄分・カルシウムといったミネラルやビタミンAとビタミンEも豊富で、毛艶のコンディショニングや疲労回復、滋養強壮効果もあると言われています。
玄米粉 腸内細菌をコントロールすることで、生体に必要なイネ科の有用成分を補給します。
大麦全粒粉 大麦は良質なエネルギー源になります。またアレルギーの原因になりうるグルテンを小麦には多く含まれますが、大麦にはほとんど含まれていません。
魚粉 魚粉に含まれるたんぱく質は、牛肉や鶏肉よりも安全性、栄養バランスからみても優れていると言われています。
サツマイモ サツマイモには食物繊維が多く含まれており、腸内環境を整える効果があります。
乾燥おから おからに含まれる食物繊維には、腸内の有害物質を吸着して体外に排出する働きがあります。
コプラフレーク コプラとはココヤシの果実の胚乳を乾燥させたもので、ビタミン類や油脂類を豊富に含んでいます。
ごま ごまに含まれるゴマグリナンが肝臓で脂肪の分解を促進し、脂肪の燃焼をサポートします。またセサミンという成分は身体の細胞内のペルオキシソームを活性化し、脂肪の代謝を高めます。ビタミンB1の吸収を高めるミネラルも豊富に含まれていると言われています。
コーングルテン 腸内細菌(乳酸菌)を増やすために、植物性タンパク質であるコーングルテンミールを配合しています。
オリゴ糖 オリゴ糖には腸内環境を整える作用があります。
グレープシードオイル グレープシードオイルには、オリーブオイルよりもビタミンEとポリフェノールが豊富に含まれていると言われています。
菜種油 適度に菜種油を摂取することは、コレステロールを抑えて血液をサラサラにすると考えられています。
ひまわり油 ひまわり油には、脳の発達や機能に作用するDHAやEPAなどの高水準の多価不飽和脂肪酸が含まれています。
納豆由来酵素 納豆由来の酵素には、消化を助ける働きがあります。
L-リジン リジンは体内においてタンパク質を構成するときに不可欠な必須アミノ酸です。
DL-メチオニン メチオニンは肝臓や腎臓の働きに重要な役割をもっていますが、体内では生成できないので必須アミノ酸となっています。かゆみなどを引き起こす原因となるヒスタミンの血中濃度を下げる作用があると言われています。
乳酸酵素 善玉菌の代表である乳酸菌群は腸の中を酸性に保ち、有害な菌からの攻撃を防ぐ作用があります。またビフィズス菌の菌体成分には、免疫力を増強する物質が含まれています。
成分分析
鹿肉ドッグフード 粗蛋白質30%以上、粗脂肪10%以上、粗繊維5%以下
水分10%以下、カルシウム2%以下、400kcal/100g
馬肉ドッグフード 粗蛋白質24%以上、粗脂肪7%以上、粗繊維6%以下
水分10%以下、カルシウム2%以下、320kcal/100g
給餌量
体重 2~5kg 5~10㎏ 10~30㎏ 30~60㎏
給餌量 50~100g 75~100g 120~400g 350~800g

玄米
腸内の細菌をコントロールして、わんちゃんに必要なイネ科の有用成分を補給します。
大麦
アレルギーの原因になりうるグルテンを含まない大麦は、良質なエネルギー源になります。
魚粉
牛肉や鶏肉よりも安全性、栄養バランスに優れたタンパク質を含みます。
サツマイモ
サツマイモに含まれる食物繊維には、腸内環境を整える効果があります。
おから
おからの食物繊維は、腸内の有害物質を吸着して
体外に排出します。
コプラ
ココヤシの果実の胚乳には、
ビタミン類や油脂類が豊富に含まれています。
ごま
ごまの成分が肝臓で
脂肪の分解を促進し、
脂肪の代謝を高めます。
コーングルテン
コーングルテンミールの
植物性タンパク質が
腸内細菌を増殖させます。
グレープシードオイル
ビタミンEとポリフェノールを豊富に含んでいます。
菜種油
適度な菜種油の摂取がコレステロールを抑えて血液をサラサラにします。
ひまわり油
脳の働きに作用するDHAやEPAなどの高水準の多価不飽和脂肪酸が含まれています。

こんなわんちゃんにオススメ

犬

食いつき
わんちゃんの嗅覚は優れていて、薬品などの匂いに敏感です。 当店の鹿肉フードには、抗生物質やホルモン剤などを一切使っておりません。 わんちゃんの食いつきの違いを実感ください。
かむ力
新鮮な鹿肉や馬肉のドッグフードには、 着色料や香料などの添加物は含まれておりません。 そのため水に溶けやすく、 噛む力が弱いわんちゃんやシニア犬の消化をサポートします。

犬

犬

アレルギー
市販のドッグフードの原材料として使われている牛肉や豚肉と比べて、 鹿肉や馬肉はアレルギーが出にくいとされています。 食べるものが変わると体調にも変化が現れます。
皮膚炎
涙焼けや皮膚炎などの肌トラブルを抱えるわんちゃんにも、ぜひ当店のドッグフードをお試しください。鹿肉や馬肉に含まれる豊富なビタミンは、皮膚や毛艶に効果的だと言われています。

犬

犬

ダイエット
鹿肉も馬肉も動物性タンパク質が豊富にもかかわらず、 カロリーや脂肪は牛肉や豚肉よりも低いと言われています。 食べる量を減らしても、必要な栄養素を摂取することができます。

お客様の声

歯が弱く、硬いフードは食べれなかったのですが、
こちらのフードは水でも簡単に溶けてくれるので
歯に負担をかけず食事が出来るようになりました。
落ちていた食欲も戻り、元気になり家族皆で喜んでいます。

image1

アレルギーがあり、フード選びは慎重でしたが、
馬肉や鹿肉でのアレルギーが少ないと聞き試してみたところ
喜んで食べてくれました。
何を混ぜて作っているのかわからないフードではなく、
内容がしっかりとわかる点もすごく良いポイントです。

image2

身体に良いものを食べてほしいとドッグフードを購入。
以前よりも走り回り、元気になっているように思います。
毛艶も良くなり、脂っぽく感じる事がなくなりました。
人間が美味しい物を食べている中、愛犬にも美味しいものを
食べさせたいと思う飼い主は多いはずです。
値段ではなく内容を考え選んでほしいドッグフードだと思います。

image3

人気フードのご紹介

鹿の骨

鹿の骨
熊本県南阿蘇産の良質な鹿の骨を
乾燥させました。
デンタルケア&ストレス解消に
おススメです。
馬肉ジャーキー
高タンパク低脂肪で、毛並み・
毛艶・筋肉UPにおススメです。
簡単にちぎることができるので、
ご褒美にも最適です。

馬肉ジャーキー

鹿のアキレス

鹿のアキレス
熊本県南阿蘇産の良質な鹿のアキレス腱を
乾燥させて作ったジャーキーです。
1頭から4本しか取れない希少部位!!
コラーゲン、鉄分、DHAが豊富で低カロリ
ー。馬や牛のアキレスより細いので小型犬
のおやつに最適です。

鹿チップス

鹿チップス
熊本県南阿蘇産の上質な鹿肉をタピオカで
ん粉を混ぜて作ったチップスです。
歯ごたえがよく、ワンちゃん大喜び、
与えやすいのでご褒美にも最適です。
鹿肉ドッグフード
国産の鹿肉を60%使用。
自然な物のみを使用しており高たんぱく、
低カロリーのドッグフードです。

鹿肉ドッグフード

馬肉ドッグフード

馬肉ドッグフード
国産の馬肉を60%使用。
自然な物のみを使用しており高たんぱく、
低カロリーのドッグフードです。

大切な家族だからこそ考えるべきは毎日口にする食べもの。
食べるもので、身体の中から健康的に美しく。
ご自宅のドックフードやおやつは愛犬を幸せにしますか?
何が入っていてどのような物なのか、
一度確認してみてください。

最上部へ